40代人妻熟女 人妻オナニー 筆下ろし 近親相姦

夫の連れ子とSEXする為、マンぐり返しでオマンコを広げて待つ淫乱母

投稿日:

夫の連れ子の義理の息子とは
親子になれませんでした

息子は一度だって
私を母親と見てくれなかったんです

私が今の夫と結婚したのは
私が40代で夫は42歳
そして夫の連れ子は14歳でした

丁度男の子が性に
目覚め始める時期なのでしょうか

息子が学校に行っている時に
部屋を掃除したら私の
汚れたパンティーとブラジャーがあったんです

まさか息子は男の娘で
ニューハーフ願望があって
女装しているの?

ってびっくりしたんですが
自分の下着を良く見ると
大量のザーメンがパンティやブラに
こびりついているんです

あっ!そういう事ね

継母である私を
女性と見てオナペットにしているのね

その事に気づいた瞬間
私はゾクゾクと全身に鳥肌が立ち
イキそうな程興奮してしまったんです

息子もそうなんですけど
結局、私も息子を
男として見ていたんです

そうなると血の繋がらない男女が
一つの部屋にいるんですから
結ばれるのは運命だっと思います

夜、夜食を持って息子の部屋に入ったら
また息子が私のパンティーを被って
オナニーをしていました

声をかけずじっと
見ていたら精子の出る瞬間(イクとき)

「ママ~」

と大きな声を出し
飛び散るばかりの精子を大噴射させていました

思わず口で
助けてあげようと思ったのですが
その時は自制心が働き
仮にも息子なので
我慢をして部屋を出ていきました

息子には知られていませんでした

私はまんこから汁が噴き出すのを感じ
瞬く間にパンティーを
ベタベタにしてしまいました

急いで部屋に戻りバイブを
まんこに突っ込み一人オナニーを
してしまいました

その後、お風呂から上がって
息子の部屋に行き

息子と話をしていたら息
子のちんちんのあたりが
大きくなってくるんです

たぶん私のベビードールの
せいだと思います

下には黒のTバックを穿いています

そして私は思いました

この運命にはあがらないわ!って

私は息子に

「じっとしてなさい」

と言ってパンツを脱がし
フェラと手コキをしてあげました

さっきしたばかりなのに
口一杯に精子を出し
私はそれを一滴も残らず
精飲してあげんたんです

息子に

「さっぱりしたでしょ」

と言ったら

「うん」

と軽くうなずき
私はベットに行きました

私は昔から寝る時は
パンティー一枚で寝る癖があります

30分ぐらいしてノックする音に
気づき息子が

「今日はママと寝ていい?」

と言ってきたので

「いいよ」

と言ってあげたら喜んで
ベットに入ってきました

「今日は暑いからシャツを脱ぎなさい」

と言ったら息子はパンツまで
脱いで布団の中に入ってきました

息子のちんちんはいきり立ち
はち切れんばかり

息子の手が
私のおまんこの中に入ってきたので
私は息子に思いっきり愛されようと
自分の両足をもって
マンぐり返しをしてあげました

「ほら、ママのオマンコいっぱいみて」

そう言うと息子は
まんこの奥深くに指を挿れてきました

私の淫乱なまんこから汁が滴り出て
自然に声まで出てしまいました

そして初めての息子とのドッキング

童貞の息子は挿入がうまく出来ず
私が正常位で導いて
筆下ろししてあげました

そしてオマンコにオチンポが入った瞬間
この世のものとは思えない快楽が
体中を走りシーツがまんこの汁で
ベタベタになってしまいました

息子に

「ママ、おしっこをちびったの」

と聞かれたので

「女の人は感じたら
まんこ汁がでるのよ」

と教えたらとてもかわいらしい
笑顔でうなずいてくれました

この日から毎日毎日
義理の息子と近親相姦しているんです

息子は私の事を母親なんて
思ってないのに

SEXの時や
甘える時だけ

「ママ」

って呼んでくるです

私は息子の口からママっと呼ばれると
SEXした時の快感を思い出し
オマンコが濡れてくるんです

-40代人妻熟女, 人妻オナニー, 筆下ろし, 近親相姦
-

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.