30代人妻熟女 レイプ 中出し 睡姦 近親相姦

中学生の息子とSEXしたら妊娠して出産する事を決めた母

投稿日:

最初は物凄く抵抗感があり
必死に逃げようとしたのに
一度、強引に息子に犯されて
近親相姦してしまうと
母親というのは弱いものなんですね

今でも息子のオチンチンが
私のオマンコに入った時の衝撃が
忘れられません

物凄く快感が押し寄せてきて
最初は

「え?何?今、何が入ったの!
うつぼ?コケシ?えっチンポ?
チンポってこんなに気持ちいの?
嘘・・凄い・・おかしくなっちゃうぅう」

とパニックになる程でした

あの日

中学生の息子と近親相姦するまで
私達は普通の家族でした

私は35歳で夫は40歳

そして14歳で中学生の息子の
平凡な3人家族だったんです

主人はエンジニアリング会社に
勤めるサラリーマンで
月のうち半分は出張しておりますが、
長年連れ添っていると
夫がいなくても
寂しいと思わないんですよね

それに、私は元々セックスが
それほど好きではなく
淡白な性格もあるだと思います

そんな私が息子に
開発されてしまったのですが

実は私は少しも知らなかったのですが
以前から息子は
私のパンティーを使って
オナニーしていたそうです

後に

「ずっとママとSEXしたかったんだよ」

と息子から告白されました

そして、息子にレイプされた日

私はテレビを見ながら
うたた寝をしていました

息子は私の寝姿が
扇情的だったからだと言いますが

私は太ももまで露出しており
横になって寝ていた私を
仰向けにするだけで
股の奥まで見通せたそうです

息子は私のパンティーを挟みで切り裂き
性器の匂いを嗅いだり
いじくり回したりしたそうですが

熟睡している私は
少しも気がつきませんでした

私が気がついたのは
息子が挿入しようとしていたとき

睡姦していて
膣にペニスをあてがっていました

「まことちゃん!
やめて!だめよ!よして!」

私は精一杯抗いましたが
息子の力には敵いません。

「母さん、いいだろう
一回だけだよ。お願いだから」

息子は興奮して声がかすれていました

「だめよ。ゆるして、お願い」

私と息子はそんなことを
言い合いながら数瞬揉み合いましたが
とうとう息子のペニスに姦通されたんです

「母さん、ごめん」

と挿入された瞬間

私は快感で意識が飛びました

そして、すぐに意識を取り戻し
息子のぎこちないピストン運動に
恥ずかしげもなくヨガり狂い
私のオマンコは溢れ出る
愛液でぬるぬるになっており
何度も中イキしたんです

そして息子はほどなく
射精してしまいました

私も物凄い快感で
うわ言のように快感を
訴えたそうですが
トランス状態でよく覚えてはいません

私は主人と結婚して17年になりますが
こんなによかったのは初めてでした

息子は一回きりというはずが
そのときだけで六回も射精しました

私も気持ちよくてよくて
どうしようもないほどで、
何度もアクメに達しました

それからというものは
夜昼関係なく暇さえあれば
母子性交するようになり

私が生理になったときには口でやり
一日も欠かさず母子性交しています

それから数ヶ月

体調の変化に気がつき、
昨日産婦人科へいってきました

「お医者さんの話では
三ヶ月だそうよ」

と主人に電話で話すと

「そりゃ おめでとう
ぜひ産んでくれ」

と言いました

お腹の中の子は主人の子ではありません

間違いなく中学生の
息子の子共を妊娠してしまったんです

主人は自分の子だと思っています

息子にはまだ話してはおりません

嬉しいような、怖いような、
複雑な心境ですが
子供は出産します

現在も息子との母子相姦は続けており
やめる気はありません

自分の産んだ子の精液を飲んだり
膣の奥深く射精されるのは
堪らなくいい気持ちで
母子相姦は一度やったら
絶対にやめられません

近親相姦SEXには
ドラッグ、麻薬のように
中毒症状があるんです

主人とは今も義理でHしていますが
本当はやりたくありませんし
触れられたくもありません

私のおっぱい、おまんこ、身体は
息子の為だけにあるんです

-30代人妻熟女, レイプ, 中出し, 睡姦, 近親相姦

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.