40代人妻熟女 不倫 中出し 恋愛

浮気するカスな夫に愛想を尽かして元カレと不倫SEX旅行に行く

投稿日:2017年5月30日 更新日:

44歳の専業主婦で
東京のタワーマンションに住んでいます

夫は稼ぎは良くて
特に不満はないんですが

一つだけ納得いかないのが

40代になると夫婦の性生活は
ほとんど無くなり私は欲求不満なんです

SEXしようとしない
夫に怒りを覚える事があります

年をとると夫婦間での
性行為は減るのは普通でしょ?

と思われるかもしれませんが

私の場合は

夫と付き合い始め

嫌っていったのに

無理やり中出しされて
妊娠し堕胎した責任を取らせて
後に結婚したんです

こんな非道い目にあわされたんだから
40代になっても妻の私を
満足させる気味があると思うんですよね

でも、二人の子供に恵まれて
今では4人家族で豊かな生活を
送っているので
我慢してきたんですけど

堪忍袋の緒が切れました

なぜなら妻の私とSEXはしないのに

カスみたいな尻軽女と
浮気していたんですから

もう嫌よ

こんな腐った旦那とは
夫婦生活は続けられない

と怒りに狂っているときに

高校の同窓会の案内が届き
元カレに再会したんです

その元カレとは
童貞と処女で初めて
セックスをした初体験同士のカップルでした

懐かしさと彼の優しさに
つい心ときめかせてしまいました

再会を約束し家に戻ると
カスな夫と比べてしまい

早く元カレからの連絡を待つようになりました

そして、

旦那には何もいわず

元カレとの待ち合わせ場所に向かいました

美味しい食事と
あの頃に戻ったような楽しい会話で
彼に気持ちを読まれてしまったかも

そのまま自然にラブホに誘われました

断る理由が一個もないし
浮気したカスな夫のことなんて
忘れて楽しもうと元カレとラブホにいったんです

部屋に入ると
彼の優しい愛撫に声を押し殺し

乳房にキスマークをつけられ
そして彼の顔が下腹部へ

恥ずかしさの中、足を広げされられ
元カレの優しいクニリングスに
つい声を出し、軽くイッてしまいました

69になり彼のクニリングスを受けながら

夫より硬く太く大きく反り返っている
彼自身を美味しく咥え込み、味わいました

彼が正常位で私の中に生で入ってきました

「また生でひとつに繋がってるよ」

私の中で暴れているのは
夢にまで見た彼自身

嬉しさからしがみつき、足を広げると

「奥まで入れるよ」

頷くと同時にズンッズンッと奥深く

彼自身を受け入れた快感で
大きな声を出してしまいました。

彼も私とのセックスで興奮したのか
屈曲位で私の中で激しく暴れまわり

「中でいいかい?」

安全日なので頷くのが精一杯の中

彼は激しく腰を打ち付け

「イクッ」

とうめき声をあげ

私の名前を呼びながら彼自身を脈動させ
奥深くに温かな精液をたっぷりと
解き放ってくれました

中に出されてる~

力いっぱいしがみつき、エクスタシーの中
彼の精液すべてを受け入れました

結婚後、夫以外の男性の精液を
中に受け入れるのは初めてで

深いエクスタシーを
彼から教えられてしまいました

次の逢瀬では69を楽しみ
元カレの愛撫に翻弄されていると

また生で私の中に勢いよく入ってきました

「今日は危ないの」

彼は頷きながら
私を歓喜の坩堝の中で激しく愛してくれました

「中に出すよ」

彼は中出しを望み
彼自身を奥深く押し込んできました

「ダメッ、できちゃう」と抵抗すると

「大丈夫パイプカットしてるから」

彼が激しく私自身の中で暴れ始め

歓喜の中しがみつき、
危険日の禁断の射精で意識を失いかけるほどの
エクスタシーを味わいながら
彼の温かな精液すべてを受け入れました

彼とのセックスではゴムを使うことはなく

「どこに出す」

「中、中に頂戴」

と合言葉を決め
いつも彼の温かな精液をエクスタシーとともに
奥深く受け入れ続けました

危険日の中出しで深いエクスタシーと精液を受け入れ

時に仰け反り、頭が真っ白になるほどの
快感を教え込まれてしまいました

そんな彼にお泊り温泉SEX旅行を
おねだりすると喜んでくれました

その頃にはカスな夫の存在なんて
全く忘れていました

夫は私にとって
お金を届けてくれる人ってだけで

それ以上の存在ではありませんでした

そして、最愛の彼との
危険日お泊り温泉旅行に
身も心もときめいてしまいました

さすがに不倫旅行にいってくると
カス夫と正直に言えなかったので

「大学の同級生と旅行に行く」

と嘘をつきました

新幹線の中では夫婦のように会話を楽しみ
駅近くの有名な料理屋で食事をしていると

隣席の老夫婦から

「仲が良いご夫婦でいいですね」

とも言われて

レンタカーで優美な景色を楽しみながら
予約した温泉ホテル旅館に向かいました

彼が宿帳に私の名前を書き
『妻』と書いてくれました

仲居さんに部屋に案内され、景色を眺め
お茶を飲み、一段落すると彼に抱き寄せられてしまいました

「まだ日が高いわよ」

着衣のまま彼は私の下着だけ剥ぎ取り
クニリングスから69を楽しみました

興奮の歓喜の中、激しく私の中で暴れ始め

彼にしがみつくと同時にうめきながら
温かな精液を奥深く注ぎ込んでくれました

浴衣に着替え、温泉をゆったりと浴び
出口で待ち合わせて土産物屋を散策しました

まるで夫婦みたいに

部屋に戻ると夕食の準備が整っていました

ビールで乾杯しながら彼に

「飲みすぎないでね」

と告げると、嬉しそうに頷き微笑んでいました

食事の片付けの間、温泉を浴びに行き
部屋に戻ると布団が2組並べられていました

「一組でいいのにね」

布団の上で仰向けに大の字になると
彼自身は既に浴衣を盛り上げていました

「元気ね、嬉しい」

彼自身をフェラチオで美味しく味わい
いつもの69をゆったりと楽しんでしまいました

「今日は危険日だろう」

耳元で囁きながら

硬く反り返った彼自身を私の中に
すべて押し込んでくれました

声を押し殺し、彼にしがみつき

激しい腰の動きに歓喜のエクスタシーの波に
翻弄され続けていると

「イクッ」

と呻きながら私の名前を呼び始めるので
彼の腰に力いっぱいしがみつきました

「どこに出す?」

「中っ、中にいっぱい頂戴っ!」

いつものように温かな精液を勢いよく
危険日の私の奥深くに注ぎ込んでくれました

彼に愛されている満足感で
大きな声を出しながら

彼の精液すべてをエクスタシーの中、
仰け反り、受け入れました

2度目も私のフェラチオから
騎乗位で彼自身を激しくたっぷりと受け入れ続け

彼にしがみつき翻弄され、女の喜びの中
大きな声を出しながら温かな精液を受け入れました

横で寝息を立てている彼を見つめながら
彼に愛されている幸せを満喫しました

朝食を済ませ、チェックアウトまでの間にも
彼は私を求めてきました

着衣のまま彼を受け入れる興奮の中

彼は私の中で激しく暴れまわり
温かな精液を注ぎ込み続けてくれました

もう彼から離れられない

彼色に染められた体になって
しまったかもしれません

レンタカーで名所を回り、新幹線に乗り

「まだ時間があるね」といつものラブホへ。

「もうあなたのもので私の中はいっぱいよ」

淫靡な69を堪能し

硬く反り返った彼自身を気持ちよく受け入れ
彼の腰の動きに翻弄され
大きな声を出しながらしがみつき
エクスタシーを味わい続けました

乳房のキスマークと、彼の温かな精液をたっぷり
受け入れたまま家に戻ると
カスな夫がいて現実に戻されて
うんざりしましたが

私は彼の温かな精液を
子宮で感じて夫の前でも
彼を愛おしく思い続けたんです

私の中に注ぎ込まれた精液は
カスな夫よりも最愛の彼の方が
量も回数も多くなっていると思います

ママ友から

「最近、綺麗になったわね」

と言われます

「愛する彼の精液を
受け入れ続けているからよ」

とは言えません。

最愛の彼との、W不倫お泊り温泉旅行を思い出すと
子宮が疼いてしまいます

そしてこの子宮の疼きは

いつも彼の温かな精液を
受け入れて鎮めてもらっているんです

来週、また彼と会う予定なんですが

彼とまた会えて愛される・・

と思うだけで私は満たされた気分になるんです

-40代人妻熟女, 不倫, 中出し, 恋愛

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.