レイプ 不倫 寝取られ 恋愛

ムチムチ巨乳な友人の奥さんに泥酔レイプで寝取ってしまった

投稿日:2017年7月16日 更新日:

新婚の友人夫婦の自宅に招待されました

友人の奥さんは
3才年下のムチムチ巨乳で巨尻な
エロ可愛い若熟女なんです

結婚前から遊びに行くと
ムチムチ巨乳な奥さんを
視姦して、脳裏にやきつけて
帰ってオナニーのおかずにしていたwww

3人で酒を飲みいつも泊まって行く僕も
夕方から飲み続け

まずは友達が寝て
その横でムチムチ奥さんも
ちょっと私も眠くなったといいながら
TVを見てるうちに寝てしまいました

私もソファで寝てしまいましたが
友達が「おい」寝るぞと
オシッコに行く途中に声をかけてくれました

トイレから戻ると友達は
奥さんを起こし寝るぞというと

奥さんは、シャワーして寝るわと言うと
友達は先に部屋で寝るからといい、
部屋に行きました

私がソファで起きると
ムチムチ巨乳な奥さんは
床にまた寝てしまいました

私が寝ますよと声をかけると、
目をあけ私もシャワーして寝ると言いました

フラフラ歩く奥さんは
トイレに行ったよう

私もトイレに行ってから
寝ようと思い待ってると

全然でてこないので声をかけると

「は~ぃと」

小さな返事がきました

少ししてまだトイレがあかないので
声をかけながら覗くと

便器に座ったまま
友人の奥さんあ寝てました

声をかけるとウンといって
かなり泥酔していた

すると「yu-くん」ちょっとと呼ばれ、

お尻抜けないと言われ見ると
便座があがったまま座ったみたい

手を引っ張りましたが
酔ってるのもあるのか動きません

どうしようと言うと私の身体を引っ張ってと
抱きつくような形になりました

それでも抜けなくて、
見るとお尻のワレメが上から見えました

おかずに使った生の巨尻です

一瞬で勃起し私は後ろから見ようと
下から持ち上げてみようといい
奥さんから離れ狭いけど後ろにまわりました。

お尻が丸見えで持ち上げるので
ムチムチ尻をさわりました

チンポをしごきたいけど
無理な状況に残念に思いましたが、
持ち上げるとお尻の穴が見えました。

抜けそうなのでついでに
マンコもと思い触ってると抜けました

ムチムチ巨乳な友人の奥さんは
酔ってるからか

お尻のここ痛いというと
その場に座り込みまたねました

僕の興奮は最高になり足を開きマンコを見ました。
マンコもお尻も臭かったけど、
美味しく舐めました。

入れたいけどここじゃぁ無理だなって
思いあきらめました

ソファまで連れて行こうと
引きづるように連れて行き、
途中大きな胸を揉みながら運びました

ソファまで遠いので僕が
寝る客間の布団に寝かせました

トイレの前の奥さんの下着と
ズボンを持ってきました

僕は胸もまくり見ました。
もう一度マンコを見ました

泥酔している奥さんに夜這い痴漢していると
エッチな気分になり入れたくなり
友人の奥さんを寝取る為に

チンポにツバをつけて
泥酔した友人の妻に
挿入して犯してしまいました

ゆるく感じましたが、
何度かピストンをすると
濡れてきたのかすべりがよくなってきました

友人の奥さんを泥酔レイプするなんて
まずいとの思いと

おかずにしてた友達の奥さんに
入れてるというので興奮し、
動いてもいないほどなのに
中出ししました。

まだ足りない僕は
憧れのムチムチお尻をみながらもしたいと思い、
奥さんをうつぶせにしお尻を四つん這いのように
突き上げさせようとしましたが膝がたちません

中出ししたのが溢れてる
お尻を開きお尻の穴に精液をぬり

指を入れるとスルスル入ります

バックはあきらめ奥さんを
横向きにしまた挿入しました

お尻の穴に触りたいけど届かないので、
入れたまま奥さんを私の上に乗せお尻に指をいれ、
お尻の穴を動かし腰を動かしました

するとマンコがキューっと締まってきて、
奥さんの腰が横にゆっくり動きだしました

起きる!

と思いお尻の指を抜き、
寝たフリしようとお尻に入れてた腕をおろそうとしたとき、
モモにあたって奥さんが起きたみたいです

マンコがキューっと凄いしまりです。

私はイビキをしてると、
奥さんはどういう状況かわからない感じで
えーなんでと声にしてました

部屋間違えたのと小声で言っており、
足を動かそうとすると

あ~と官能的な喘ぎ声をあげました。

うそyu-くんの入ってると焦り気味でした

奥さんは足がしびれてるのか、
足を自由に動かせないようでyu-くんyu-くんと僕を起こしました。

ゆっくり目をあけると

「ごめん部屋間違えたみたい」

旦那と間違って
エッチしたみたいと謝ってきました

僕は

「そうか、でも凄く気持ちいい」

というといやだぁと凄く恥ずかしがってました。

足が痛くて少しまってと言われ
気持ち良いから出したくなるよというと、
えーすぐに出る?
ピル使ってるから大丈夫だけどと
言われいいの?

と信じられない言葉でした

その言葉でマンコの中で
フル勃起すると奥さんは

「えーおっきくなったよ硬いね」

と言われ、出るよというと
ムッチリ豊満奥さんは上体を起こし
騎乗位で高速グラインドしてきて

「凄いイク」

というと一緒にイキました

ゴメンね秘密ね

とマンコをティッシュで
押さえながらシャワーに行きました

シャワーを終えた奥さんは
濡れたタオルを持ってきてくれ
ペタペタするよねとタオルをくれました

僕はチンポを拭くと

「本当にゴメンね酔うと旦那と
エッチしたくなるんだでも部屋を間違えたんだね」

と何度も謝ってきました

僕はアイツには言えないよね

あやしまれないようにしないとね
もう遊びに来ないほうがいいかな

と聞くと

「いや普通に遊びにきて」

と言われました

小さな声で気持ちよくて
俺は超ラッキーだったよと言うと

旦那に私はしまりが悪いって
良く言われるのと言って来たので、

締まりは最高だよと言うと

「yu-くんおっきいからだよ」

と言われ、
俺は普通サイズだから
おっきくないよと言うと

あの人太い親指くらいだよいい締りじゃなく、
あいつが小さいんだわと答えると
本当なの?と笑ってくれました

私はあの人しか知らないから
yu-くんに男を教えてもらったねと言われました

これからも俺で良いなら頼むよと言うと

「こうやって浮気ってするんだね
考えておくといい」

と部屋に戻りました

それから約5年定期的に
友人の奥さんと密会して
不倫関係が続いているんです

-レイプ, 不倫, 寝取られ, 恋愛
-

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.