40代人妻熟女 中出し 痴女 近親相姦

【愕然】息子の子供を妊娠して中絶しました

投稿日:2017年8月19日 更新日:

避妊もせず息子と毎回中出しされていたので
当たり前ですがまだ生理もある
41歳の私は息子の子供を妊娠したんです

そして中絶する事になってしまいました

私は今年高校受験の息子を持つ母親です

夫は5年前から単身赴任で、
月1回帰ってくるかどうかで
正直言って女盛りの私は
物凄く、激しく欲求不満だったのです

だからといったらおかしいでしょうが・・・

母親の私は実の息子を
誘惑してしまったんです

まず、女子高生が穿くような
カラフルで派手な下着を買い、
室内の目に付くところに干しました。

そして、洗濯機に入れるときには
一番上で思春期の息子の目に
つきやすいようにしておきました

これには反応があり、
夜入れて翌朝確かめたら息子のザーメンらしきものが
付着していることが頻繁にありました。

ある夜、私は、夜中息子が下着を
自分の部屋に持ち込んだことを確認して、
いきなり部屋に入りました。

案の定、息子はベッドの上で下半身あらわな姿で、
片手には私の下着がありました。

「なあんだ、そういうことだったの」

「...」

「でも、別に気にすることないよ。
若い男ならそのくらい元気がないと」

「ごめんなさい」

「気にしないで。
お母さんも、まさる君に興味を持ってもらえて嬉しいから」

「...」

「どうせならパンツじゃなくて、
生身の体の方がいいでしょ」

「えーっ、それまずいよ」

私は、パンツ1枚になって息子に添い寝して
実の息子を挑発したんです

「ほら、おっぱい、触って」

息子は、おそるおそる胸を手で撫ではじめました。

私は、息子の手をつかんで、パンツの中に引き込み、
敏感な部分に息子の指先を導きました。

「そこ、そこをやさしく触って。そーっとね」

私の呼吸が乱れてくることに
少し戸惑いながら、
息子はぎこちなく指を動かしています。

ねとねとした液体が息子の指先に
まとわりつくのが私にもわかりました。

息子の下半身は、硬く立派になっていました。

私は下着を脱ぎ、
仰向けになった息子にまたがり、
硬くなった亀頭を膣の入り口にあてがいました。

まだ、息子のペニスは剥けていません。

腰を落とすと、
するりと息子が入ってきて
近親相姦したんです

ゆっくり腰を動かすと、
今度は息子の顔がゆがみました。

「まずい、出る」

「いいのよ。心配しないで。お母さんも気持ちいい」

「我慢できない。ううっ」

「そのまま出していいのよ」

私は、息子の欲望を体の奥で
受け止めて膣内射精してもらったんです

それからは、毎晩のように
息子と母子交尾したんです

あえて避妊はしませんでした。

息子には、ピルを飲んでるから大丈夫だと説明しました。

なぜそうしたのかは
今でもはっきり説明できません。

若い男の子種を受け止め、
まだ現役の女であることを試してみたかった

そういう本能の赴くまま、
そうしたのだとしか言えません。

1ヵ月後、当然の結果ですが生理が止まりました。

息子以外とはセックスしていませんので、
父親は息子です。

息子に妊娠したことを告げると、
大変驚きました。

「お父さんと離婚して、産んでもいいかと思ってるの」

「だめだよ、そんなの。俺が変態になっちゃうよ」

「やっぱりそうだよね。堕ろすから心配しないで」

「そうして」

「でも、子供堕ろしたらしばらくセックスできないから、
その前に思い切り楽しもうね」

「うん」

夏休みに入っていたので、
息子と2人で母子旅行に行きました。

淡路島のリゾートホテルに2泊3日です。

中1日は、部屋に籠って
1日中近親相姦セックス三昧でした。

窓を開けて海を見ながら、
明るい日差しを浴びて欲望を満たす変態母子の私達

まるで映画のシーンのようです。

記念にビデオや写真もいっぱい撮影しました。

ビデオを見てると、母子には見えません。

若いホストとアラフォーの変態おばさんと
いったところでしょうか。

まだまだ私の裸も
捨てたもんじゃないと自惚れてます。

中絶も無事終わりました。

今度からはピルを飲もうと思っています。

まだ本番は無理なので、
息子の欲望は手と口で慰めてあげていて
また近いうちに息子とSEX出来ると思うと
私も早くその日を待ち遠しくなるんです

-40代人妻熟女, 中出し, 痴女, 近親相姦

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.