30代人妻熟女 不倫 人妻OL 痴漢

人妻派遣社員と痴漢プレイして勝手に胸を触る

投稿日:2017年11月4日 更新日:

派遣会社で働いていて
契約した会社に派遣労働者を
毎日斡旋しています

私が担当するのはオフィースワークが中心で
女性派遣社員が多いです

この仕事って斡旋したら終わりって事がなく
派遣先でトラブルを起こす人もいて
トラブルの処理をするのも私の仕事なんです

でも、そんなトラブルが起きたときが
意外にもSEXチャンスなんです

ある人妻が派遣先でトラブルと連絡があり、
仕事が終わったら派遣会社の
事務所に相談に来ると言うので
待っていましたが、
派遣先が少し遠いので夜8時を過ぎてしまいました

事務所には私一人でネットで
エロサイトを見て待っていました。

やっと人妻派遣社員が事務所に来てくれました。

(プロフ:33歳、既婚、どこにでもいそうな普通の人)

トラブルの原因を聞くと派遣先でのセクハラとのこと。
どんなことをされたか聞くと

・部長にしょっちゅう飲みに誘われる。

・あまりにしつこいので一回だけ食事だけした

・気をよくしたのか、仕事中に私の隣によく座る。

・最近は横に座って手を握ってきたりする。

・今日は朝の電車で腰に手を回された。

こんな感じの文句でした。

「明日の朝はこちらに出社してください。
一緒に私もあなたの派遣先に伺い話をしにいきます。」

と言うと

「明日から派遣先での仕事をしたくない、
派遣先を変えてほしい。」
と訴えてきました。

私の前任者が採用したので
どの程度仕事のできる人かあまり知らなかったので
パソコンのスキルについて
確認をしようと思いいろいろ質問しました。

するとパソコン資格はもっていないがそこそこできるらしいので
確認がてらPCを触ってもらいテストしようと思いました。

「じゃあ、私のPCを使ってエクセルを立ち上げてください。」

「はい。このPCでイイですか?」

「あっ!!」

さっきまでエロサイトを見てたのを忘れていました

「会社でエッチなサイトを見てるなんて・・・・
悪い人」

「仕事が終わってあまりに暇だったんで。」

「ご自宅でもHなサイトを見てるんですか?」

「ま~、暇つぶしと性欲解消にね、ははは(笑)」

と何故かエロサイトの話でもりあがってしまいました。

いろいろ話をしているうちに
1時間くらいすぎてしまい

「ご主人に遅くなると連絡はされていますか?」

「いいえ、今週は東京に出張ですから。」

「そうですか、派遣先を変える方向で検討しますので、

 明日は普通に出社してください。
 派遣先には今日の相談されたことを伝えてイイですか?

「派遣先が変わるときにしてください。
 じゃないと私仕事するのに困ります。」

「わかりました。じゃあ今日は帰ってイイですよ。」

と帰宅させました。

今日最後の仕事が終わって帰ろうと思ったとき
さっきまでいた人妻派遣社員が来ました。

「家に帰っても今日は一人だから、よかったら
 夜ご飯ご一緒しませんか?」
「イイですよ。ちょうど帰ろうとおもったところです。」
「何と食べましょう?」
「何でもいいですよ。」
「じゃあ、出前でもたのんでココで飲みませんか?」
何故か、思っても見ない展開に・・・・・

ピザを頼んで来るまでに1階のコンビニでビールを買い
事務所に戻りました。
とりあえず乾杯をして派遣先の話を他にも聞いていました。
ピザも到着してビールも2杯目に突入
2人とも結構顔が赤くなってきました。

「ね~~ Hなサイト見ようよ~?」
「えっ! マジですか?」
「あなたさっき見てたじゃない。イイサイト教えて。」
「こうゆうサイトが好きです。」と教えると
「あなたオッパイ星人?オッパイの画像ばっかじゃん。」
と言って検索を始めました。
何を検索してるのかよく見てみるとSM系のサイトでした。

「私はこうゆうのをよく見るのよ。結構好きなの。
 でも旦那はノーマルで結婚してからいつも同じパターン。
 ちょっとは刺激的なことして欲しいわよ。」

「SとM、どっちなんです?」

「どっちかと言えばMかな?」

ビールも3杯目に入りかなり酔ってきてるようです

「じゃこうやっていきなり胸揉まれたりするのどうです?」

と言いながら胸を揉んで
痴漢プレイしちゃう私(笑)

「・・・」

「いきなり服の中に手を入れられて
胸を揉まれるのは?」

「・・・・・」

「胸を今揉まれてイヤですか?」

「・・イイです。」

「派遣先でいやらしい目に
あいそうなのに何故拒否する?」

「おじさんはいやなの・・・・」

俺は興奮して胸を揉みながら
人妻派遣社員にキスしてやりました。

そのまま服を脱がせてやりました。
すると股間に手を当ててきて言いました。

「早くイイ派遣先に変えてください。
 このまま最後までしちゃってイイから・・・」

と言ってズボンを下ろして舐め始めました

フェラされてる最中は胸を揉んでいました。

そこそこ大きい胸で聞くとDカップの巨乳だった

5分くらい舐められて気が付きました。

「あっ! ゴム無いじゃん。」

「安全日だからイイですよ。一応外に出して。」
と言われて安心しました。

人妻を机の上に座らせて俺は立ったままで挿入開始。

服を脱がせて正面から見て気が付きました。
少しポッチャリしてるな。
でも胸の形は良くて美巨乳

思いっきり揉みまくり思いっきり突きまくりました

でも酒が入ってると俺はなかなかイケません。

疲れてきたので早くイキたくなって
高速ピストン開始しました。
するととたんに人妻は膣イキしてしまいました。
それでも俺はイケないのでそのまま続けました。

高速ピストンは3分くらい続けたと思います。
その間に人妻は3回もイッてしまい
俺もその後すぐやっとイケました。

人妻は

「こんなにイッの初めて。またしたい。」
俺は正直酒が回って激しい運動で心臓の鼓動が
怖いくらいに早く強く打っていたので
「今日はこれくらいで簡便してください。」
「ダメ~。 休憩してからまたしよう。」
「0時になると守衛の見回りが来るので・・・。」
「じゃあ今から私の家に行こう。」

ってことになり帰って寝たい気分でしたが
半ば強引な人妻に連れられて人妻の家に行きました。

ココから先は職場じゃないのでヤメときます。
その後も数人と職場でやりました。
それぞれ違うシュチュエーションですが
職場で数人と合計で15回くらいやりました。
でもその中の一人が会社にバラしたのか
誰かに見られたのかは定かではないですが
とにかく会社にバレて退職しました。

みなさん職場Hは気をつけましょう

-30代人妻熟女, 不倫, 人妻OL, 痴漢

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.