レイプ 睡姦

泥酔した妻の友人(処女)に姦通夜這い

投稿日:2017年11月20日 更新日:

妻がよく自宅に友達を呼んで宴会をします

夫の自分は下戸なので料理作ったりと
世話焼き夫になり

妻達が楽しく飲めるようにサポートする係

大概自宅で宴会するとリラックスしすぎるのか

皆泥酔して酔いつぶれてしまう

酒が駄目な自分は
皆にタオルを掛けて
自分は一人でお片付け

というのが普段の流れですが、
その日は違いラッキースケベな事がおきました

その日は暑く、みんなかなりの薄着で
スカートなのでブラとかパンツが
チラチラ見えていたので、
何かいつにも増して楽しんでいました

そしてその時は来ました。

皆酔い潰れ寝てしまい、
揺すっても叩いても起きません

メンバーは葵(26歳)。

バンドのボーカルで、噂じゃ処女?

美帆(27歳)

小学校の教師Dカップの爆乳!!

結衣(26歳)

市役所勤務で桐谷美玲に似てます。

それではショータイムです。

まずは1番タイプの結衣から頂きます。

上は脱がさずパンツだけ脱がしました。

可愛い顔に似合わず剛毛マン毛

広げてみるとクリが大きく、ビラビラは小さめ。

クリを刺激するとすぐ濡れ始めましたが、意外に遊んでるのかな?

時間も無いのでゴムも着けず生で挿入。

奥まで入れてみると緩い。

やっぱり遊んでるなと確信しながらピストンし、パンパン突いて激しくしても起きる気配なしで、そのまま中に大量放出。

抜くと白い物が溢れてきたので、ティッシュで拭いてパンツを穿かせ、次は葵です。

本当に処女なのか?

パンツを脱がしてみると結衣と違い毛が薄い!

広げて見ると綺麗なピンク色。

思わずしゃぶりついちゃいました。

夢中で舐めていたら葵が目を覚ましてしまい、目が合って暫しの沈黙・・・。

終わりだと思った瞬間葵に抱きつかれ、耳元で

「このまま続けて」

と言われました。

そのまま続けて挿入。

途中何か引っ掛かりがあり、ここが処女膜か?と思いつつ奥まで突きました。

葵は痛そうな顔で堪えているので、唇も奪いました。

暫く舌を絡めあってるうちに、下の循環が良くなってきたので、ゆっくりピストンし、たっぷり堪能した後は中に出しました。

抜いた瞬間血液と精液が混ざったピンク色の物が大量に・・・拭いてあげパンツを穿かせると、葵は無言でトイレに。

葵についていき、出て来た所で話をしました。

処女というのは本当で、今まで怖くて出来なかったらしい。

初めて家に来た時から自分の事が気になっていた、という事を話してくれました。

その後は何も無かったように眠り、翌朝には帰って行きました。

帰った後、葵からメールで

『初めてがあなたで良かった。

もし迷惑でなければ今後も会って色々教えてほしい』

と。

その後妻には内緒で、葵の家で飲み会で皆寝静まった後に調教しハメまくっています。

今後は色んな場所でハメたいと思います。

あっ、美帆だけその後の飲み会で、葵が来れない日にハメました。

美帆も下が剛毛で尻の穴までびっしり!!

ブラをずらして激しくピストンし爆乳を堪能しながら、中出ししました。

1人セフレが出来ましたが、妻の友達が多いので、機会があれば犯して行こうと思います。

-レイプ, 睡姦
-

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.