50代人妻熟女 レイプ 人妻OL

お惣菜屋さんの五十路パート主婦がエプロンつけたまま店長に立ちバックで犯される

投稿日:2017年12月16日 更新日:

駅前のお惣菜屋さんでパートをする53歳のおばさんです

花見の時期になると
惣菜屋さんも忙しなり残業していました

そして、夜9時に全部の片付けと
翌朝の仕込みを終えて帰り支度をしていたら
一緒に残っていた店長が
いきなり事務所で私に抱きついてきたんです

店長に壁際に押し付けられて
無理やりキスされてレイプしてきたんです

必死で抵抗したことが
よけいに店長を刺激したみたい

そのまま「世津子さん、一回くらいいいだろ!
前からこうしたかったんだ」
と床に押し倒されたのです

 

口を吸われたときにお酒臭かったので、
店長は少し飲んでいたようでした。

主人以外の男性とは初めてでしたが、
実は長年SEXレスだったので体が反応し、
喘ぎ声をあげて積極的に店長を受け入れてしまいました

 それからというもの、
遅番で店長と一緒のシフトになるたび、
閉店後のお店でいやらしい残業でした

ファックスやらパソコンやら業務日報の
ファイルやらのすぐ脇のソファで絡み合うのがすごく刺激的で、
やめられませんでした。

お店以外で抱かれたことはありません

 いつもお店の中で、
わざと私に店のエプロンと三角巾を付けさせたままでした。

彼が満足するまで何回も何回も求められ、
唇が痛くなるほどキスやフェラもしました

「風俗みたいに全身リップやってくれ」

と言われて、裸でソファに横になった店長の体を、
顔から足の指先までべっとり舐めまわして
涎まみれにしてあげるんです

シャワーもないのに、
私の唾液くさい体でどうやって家に帰ったのでしょう

 ある時は、シャッターを閉めたお店の
ショーケースに体を押し付けられ、
執拗なキスや愛撫を受けたこともありました。

すぐ後ろのシャッターの外を人がたくさん歩いているので、
考えただけですごく燃えてしまい

ショーケースに手をついてお尻を突き出して
激しくいかせてもらいました

 私が喘ぎ声を出さないように
店長が背後から私の口を押さえていたのを思い出します。

パートを辞めて店長と別れるきっかけとなったのは、
車で迎えに来てくれた主人を外で待たせたまま
シャッターを下ろしたお店の中で店長に抱かれたことです。

店長も私も主人が車で待っているのを知ってて、
短い時間ですごく燃えてしまったのです。

 私がお化粧を直してお店の外に出ると、
主人は何も知らず車でラジオを聴いて待っていてくれました。

主人は何も言いませんでしたが、
何か感じることがあったのかもしれません

その夜1年ぶりくらいで求められ
官能的な夫婦の営みをしました

 夫に激しく抱かれながら
店長のことを思い出した自分に自己嫌悪し、
そのあとすぐにきっぱりパートを辞め、
専業主婦に戻りました

店長からの連絡もありません。

今でも近くを通ると、
店長に犯され、そして調教された事が思い出して
アソコが疼いてくるんです

-50代人妻熟女, レイプ, 人妻OL

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.