レイプ

信頼していた異性の友達にレイプされた人妻

投稿日:2017年12月27日 更新日:

長年友人だった男性に
私はレイプされました

信頼して私にとって大切な異性の友達だったのに・・・

私は結婚3年目の26歳の人妻です

その彼は私たち夫婦にとって
大切な友人でレイプされて
裏切られ・・・物凄くショックを受けました

しかも心ならずも感じてしまったのも事実です

私がレイプされたのは
久しぶりに仲間内で集まっての飲み会でした

私と彼とが途中でお酒の買い足しに行ったのです

その帰り、車の中で突然彼にキスをされました。

何が起こったのかと驚いているうち、
胸元から手を入れて揉まれ、乳首をいやらしく愛撫されました

ぼぅっとしていたのが快感になったのと、
起こっている出来事を理解したのは同時でした

とっさに「やめて!!何すんの」

と激しく抵抗しましたが、
がっちりした彼の力にはかなうはずもなく

しかも乳首をつままれて、
私の身体の方は完全に快感に抵抗できなくなりました

「ぁんっ・・・」と、どう考えても拒否ではない、
甘い声を出してしまったんです

そのままスカートの中に手を入れられ、
パンティの上から割れ目の部分をこすられました

昔は遊び人だった人だけに、ものすごく素早くて上手くて。

既に濡れているアソコがさらにOKサインを
出してしまっていたと思います

まるでメロドラマみたいですが、
せめてもの抵抗に私はダメといい続けました

でも段々その声に私自身も段々酔ってしまって

彼もその「ダメ・・ダメ・・・」の声に、
興奮しているようにも見え、益々いやらしくこすられ、
クリトリスをつままれると、
私の身体はビクッ!と反応してしまったんです

その頃にはもう、ダメとは言えなくなってしまって。

夫も待っているのに、と思うことで余計興奮してしまい、目を閉じて「あぁっ・・ああんっ・・・」と彼の指を感じて・・・中でジュワジュワと愛液が溢れ出しているのが自分でも分かります。

まるでおしっこみたいでした。

胸をはだけられ、パンティの横から指を入れられ・・壁をこするみたいに、気持ちいいところばかりをねちっこく攻められました。

いつの間にか私の脚は大きく開いて、車の外からも見えるほど高く上げられていました。

「もぉだめだよぉ・・・お願い・・・」ついにそう言ってしまいましたが、その後さらにじらされ、いじめられ、シートも私の愛液でビチョビチョになっていました。
最後は絶叫して「入れてーーー!!」と叫んでいました。

彼はアレを出すと、一気にズブリと私の中に入れました。

ものすごく太くて、飛び上がりそうでしたが、すぐにアソコの中がなじんでしまいすんなり受け入れてしまいました。

そして何度も何度も何度も突きまくられ、イカされました。

はっきり言ってレイプなのですが、でもあんなに感じたHは今までなくて、そのことがやましくて夫にも言えないでいます。

それよりも買い出しから戻った後、夫に知られないかドキドキしてしまいました。

友人には、ずっとこうしたかったんだと言われて、1度で済みそうではありません。

浮気なんてしたことなかったのに、罪悪感より性欲が勝ってしまうってこんなに簡単にあるんですね・・・きっと私、また彼に抱かれてしまうと思います。

-レイプ

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.