50代人妻熟女 人妻オナニー 出会い系 痴女 美熟女

官能小説をメールて送ってくる50代の淫獣超熟女

投稿日:2016年11月22日 更新日:

出会い系サイトでカマトトぶった
五十路熟女と出会いました

この人妻熟女は美佐子といい
最初はカマトトぶっていましたが
かなりスケベな淫売おばさんでした

最初のメールでは清楚主婦を
演じていたが

1週間も経たない頃から徐々に
エロい淫獣モンスターな
本性を現してきた

メールの内容がSEXに対する
エロエロな欲求でいっぱいになってきた

「旦那は、相手にしてくれない」

「昼間から一人
ベッドの中でオナニーしている」

「昨日は、あなたの事を想像して
エッチなことしちゃった」

この様なエロメールが
50代熟女から連日届くようになった

僕も、正直、年増熟女の
淫らさに引かれ、オナニーし
ザーメンを放出したことを告白した

毎回、痴女熟女は、メールの最後に

「逢いたいとは言いません
だから、長くメル友でお付合いしたい」

と言う

そして、淫乱熟女のメールは
どんどんエスカレートする

僕との妄想SEXの内容を
官能小説のように
こまめに書き下してくる

彼女は、バーチャルSEXを
楽しんでいるのか

はたまたリアルな
セックスフレンドを僕に求めているのか?

ある日、僕は

「ランチでもしませんか?」

と書いてみた

すると、翌日の熟女のメールには

「うれしいぃ」

と書いてきた

正直、淫らな素人主婦を見てみたかった

きっと、髪振り乱した
贅肉だらけのエロババアーに違いない

数日後、僕は仕事の合間を利用して
山手線の、とある駅の改札口で
待ち合わせをした

僕は、即効で逃げられるように
少し離れたキオスクの陰で
改札口を見つめている

淫獣のようなエロババアーは
見当たらない

そして10分くらい過ぎた頃
僕のケイタイが鳴った
淫獣熟女からである

熟女も僕を探しているらしい

僕は、彼女の居場所を聞いた

切符売場の前だそうだ

目を切符売場に向けたら、
そこにケイタイで電話をする
一人の熟女がいた

熟女もキョロキョロ周りを見渡している

「ラッキー!」

僕は、胸の中で叫んだ

「良いじゃないですかぁーー」

十朱幸代似のスタイルの良い美熟女

50代には到底見えない

アラフォーでも通じる
綺麗なおばさんだ

僕は、美佐子と思われる熟女に
近づき初対面の挨拶をした

淫獣熟女は、恥じらいながら軽く
僕に会釈をしてニコリと微笑んだ

僕達は、駅ビルのイタリアンレストランに入り
ピザとビールで出会いを記念して乾杯した

だが熟女は、食事も喉を
通らないようである

熟女は、緊張から逃げるように
ビールを飲み干した

徐々に会話も弾み
お互いに打ち解けてきた

メールでの官能小説のような
淫らなやり取りをしている二人とは
思えない安らいだ会話を楽しんだ

1時間が過ぎた

彼女が化粧室に立ちあがり席を離れた

彼女は、化粧室で何を思っているんだろう?

僕をどう評価しているんだろう?

その思いが僕の頭を駆け巡った

一かバチかだ!

僕は会社に電話を入れ
帰社を3時間遅らせた

熟女が化粧室から戻ってきた
顔がほんのりとピンク色に染まっている

この雰囲気に酔っているのか?

それともビールに酔ったのか?

僕は、熟女に冗談交じりに聞いてみた

彼女は

「両方に酔っちゃった」

と言うではないか

僕は、間髪入れずに彼女をホテルに誘った。

一瞬、驚いたようであるが
熟女は小さく頷いてこう言った

「この前のメールでは
食事するくらいの時間しかないと言ってから
半分諦めていたの」

僕達は、バクバクと
心臓を鳴らして店を後にした

幸い、駅から歩いて2、3分の所に
ファッションホテルがあった

僕は、彼女の手を握り
自動ドアをくぐった

その間、僕は彼女の緊張を解すため
昼メロをパロッて、ジョークを飛ばす

痴女熟女の美佐子は
クスッと笑い僕の手を強く握り返してきた

フロントで落ち着いた部屋を
選びルームキーを受け取り、部屋に入った

「カチャ」

っと鍵を閉めた直後、僕は美佐子を
抱き寄せ柔らかいピンク色の唇を奪った

手は、美佐子の背中を撫で回し
尻からスカートをたくし上げ

パンストの上から
柔らかくて大きな熟尻を弄り
後ろから指で、クリトリスの部分を
グリグリと刺激してオマンコ責め

ほんのりと、パンティ、パンストを
濡らしスケベ汁が染み出してきた

美佐子は、もう理性を押さえられない状態なのか
小さな吐息を漏らすと

熱い舌を僕の舌に絡めながら僕の硬く
はち切れそうな股間をズボンの上から弄ってきた

この素人人妻は
淫らになりたがっていると僕は確信した

その時を境に美佐子は、
僕だけの性奴隷に落ちて行った

僕は、息を荒げる美佐子を引き離し
ソファーに腰を下ろした

美佐子は、僕の態度に
不安そうな表情を浮かべた

僕は、美佐子の理性を完全に
捨てさせるために僕の気持ちを彼女に伝えた

「僕は、美佐子と
こうなった事に感動している
でも、もしかしたら、この先二度と
逢えないかもしれない
そのためにも美佐子を体で感じたい
今まで経験したことが無い
淫らでエロいSEXを美佐子としたい」

と言い、僕は美佐子の見ている前で、
全裸になった

彼女よりも先に全裸になったのは、彼女の最後の理性を解放すためである。

美佐子は、呆然と僕の体を見つめ、いや、正確には僕のいきり起ったペニスを見つめている。

「私も、全てを忘れ淫らになりたい。あのメールよりも、もっと、もっと淫らになりたい。」と言わせた。

僕は、美佐子に命令した。

「ゆっくりと服を脱いで、いやらしくオナニーを見せて欲しい。美佐子がいつもしている以上のオナニーを見せてくれ。」

美佐子は、僕を見つめベッドの前で服を脱ぎ出した。

スカートを下ろし、ブラウスを脱いだ。そして、パンストに手をやった時、僕は、ブラを先に取るように言った。

僕はきっとパンストフェチなのかも知れない。

美佐子は、言われるままブラのホックをはずしブラを取った。乳房は結構大きい、しかも年齢とは正反対に均整のとれた乳房である。既に乳首は硬く勃起している。そして、ブラの跡が艶かしい。

美佐子は、ベッドに上がり、四つん這いになって、尻を高くもち上げ、僕を挑発するポーズをする。

自分の手を、股間から尻にまわし撫で上げたり下げたりして弄っている。四つん這いのままパンストを尻からずり下げ、前を向きスルっと剥ぎ取った。そしてまた四つん這いになり尻を高く突き出してパンティの上からアヌスとオマンコの間を細い指でなぞってオナニーを始めました。

クリトリスを刺激しているのか、美佐子の口から湿った声が溢れています。

あずき色のツルツルした布地のパンティに、美佐子のスケベ汁のシミが大きく広がっているみたいです。

美佐子はパンティ越しの刺激ではガマンできなくなったのか、尻からパンティを脱ぐと直接、クリトリスに指をあてがい擦りだしました。

「見て!見て!良介!良介に見て欲しいの!」と、僕に哀願するような声を出します。

僕は、美佐子の側に行き、ま近で見つめました。

「美佐子。とてもやらしいよ。美佐子のすけべなオマンコがヒクヒクいってるよ。でも、とても綺麗なオマンコだよ。」と、僕も淫らな言葉を美佐子に浴びせかけました。

美佐子は片方の手で乳房を揉み、勃起した乳首を指で摩擦しながら、もう片方の手の中指をオマンコの中に挿入し、ピストンしながら親指でクリトリスをこねています。

美佐子の尻が震え出して、部屋中に感じている声が響いています。「もうだめぇーーオマンコ我慢できないの。入れて!・・・良介のおチンボ!入れてぇ・・・お願い!」と、とうとうメスと化しました。

僕は、美佐子のストレスを楽しむように「だめだよ。まだ、あげないよ。でも、今は、美佐子を目で犯しているんだから、安心しな。このままイッテもいいんだよ。」と、言ってやりました。美佐子は、苦しそうに息を荒げ、突然、息が止まり、痙攣するみたいにイッてしまいました。

美佐子は、ベッドに倒れ込み、肩で息をしています。

僕は、美佐子の脇に腰掛け、彼女の髪を撫でてあげます、サラサラの栗毛色の髪が柔らかい。

「私、オナニーでこんなに感じたの初めて。いつも、イクんだけど、意識が遠のくような感じだったの。」と、僕の顔を見上げて言った。

「良介のおチンボって左にチョッピリ曲がってるのね。」と言い、美佐子の顔の近くに腰掛ける僕のペニスを指で撫で始めた。

僕は、年上であるが美佐子を、可愛く、愛しく思った。

「ごめんな。チンボ入れて上げなくて。」と、笑いながら言うと、「いいのよ。焦らされるのって気持ちがより高ぶることが分かったから。きっと、良介のおチンボを入れてもらった時、爆発しちゃうかもよ。」と彼女も小さく笑った。

美佐子は、僕のペニスを撫でながら、「なかなか、小さくならないのね。先っぽから、エッチなお汁が出てきちゃったぁ。」

「綺麗にしてあげるね。」と、美佐子は僕のペニスの先っぽに滲み出る、透明の汁を舌先でペロリとすくって舐めた。

「シャワー浴びていないから汚いぜ。」と僕が言うと、「いいの。良介の匂いもみんな好きだから、欲しいの・・・」と、言って、僕の硬直したペニスを口に咥え込んだ。

ゆっくりと上下に唇を滑らせ、ペニスを絞り上げるように圧迫する。ペニスの先が美佐子の喉の奥に当たるのが感じられる。

美佐子は身を起こし、僕の脚の間に体を横たえ官能のおもむくまま、僕のペニスを味わっている。

熱い舌で亀頭を舐めまわし、裏筋を舌先でクネクネ刺激する。

僕は、この快感にたまらなくなり、ベッドに大の字に横たわった。

彼女は「気持ちいい?」と、僕に聞き、「気持ちいいよ。」と僕は答える。

「そんな答えじゃ嫌!」と、美佐子はダダをこねる。

「私、良介と今日が初めてだけど、良介のおチンボを独り占めしたい。良介の奥様にも、触らせたり、舐めさせたり、オマンコにも入れてもらいたくない。」と言うではありませんか!

男として最高のホメ言葉ですよね。

僕は、そんな彼女に対し「凄い感じるよ!美佐子の口を犯したい気分だよ!そして、ドクドクしたザーメンを美佐子に飲ませたい!僕のチンボは美佐子だけのものだから。」と言ってやった。

美佐子は、その言葉で、より興奮したのか、唾液と混ざり合った僕のガマン汁をジュルジュルと吸うようにフェラチオをしている。

僕の頭の中も真っ白になったようで、理性を脱ぎ捨てた。

「美佐子のオマンコを舐めたいよ。グチュグチュのオマンコをもっとグチュグチュにしてやるよ!」と言い、彼女の股間に無理やり顔を近づけて、脚を開き太ももを舐め、脚の付け根を舌先で舐めてやった。

「汚いからダメ!」と、甘えた声で言う美佐子。

「僕も、美佐子と一緒の気持ちだよ、美佐子の体だだから汚くなんてないよ。全てが欲しいんだよ!」

その言葉を待ってたかのように、美佐子は、抵抗しなくなった。

多分、最後まで抵抗するつもりでは無かったのであろう。きっと、美佐子も汚いオマンコを舐めて欲しかったんだと思った。

「いっぱい。愛して!」と、美佐子は言うと、尻を僕の顔の上に跨り69の体位を自分からとった。

その間、美佐子は、僕のペニスを咥えっぱなしである。

この女、よっぽど僕に飢えてるんだなと思った。ただ、僕も美佐子に飢えているのかもしれない。普段、シャワーも浴びていない女のオマンコなんて舐めたことないし、舐めたくも無い。でも、今は違う、舐めたいのである。きっと、二人の精神状態はめちゃくちゃピークに達しているのである。

僕は、美佐子の形の良い尻、小さなピンク色のアヌス、そしてヒキヒクした生き物のようなオマンコを見上げた。

オマンコからアヌスまで、ヌラヌラと溢れ出るスケベ汁で光っている。

そんなオマンコの先端に小さく勃起するクリトリスを舌でペロンと舐め上げ、口に含み舌先でバイブしてやった。

瞬間、美佐子の体に電気が走ったようにビクンと波打った。

美佐子の声が、僕のペニスで聞こえる。僕は、自分自身の快感に加え、美佐子のメスの姿に感動し、無意識に美佐子のオマンコに口を埋めて、シャブリだした。ネットリした舌で、クリトリスを舐めまわし、舌先を細くしてオマンコの中に埋没させスクリューのように回転させた。チョッピリ酸っぱい味が舌に残ったが、過激な匂いは無かった。

僕は、どんどんエスカレートしていった。

オマンコとアヌスの間を優しく舐め上げ、アヌスに舌を這わせた。美佐子の尻が左右に揺れる。

アヌスの中に舌を入れようと試みたが、さすがに入れて貰えなかった。

美佐子の声にならない声が、僕のペニスの隙間から聞こえてくる。一瞬、ペニスを咥える動きが止まる。きっと、僕の愛撫の快楽に、フェラチオを忘れてしまうのであろう。

そして、また、思い出したかのように、むしゃぶりついてペニスを舐めまわす。

実際、美佐子の唾液が、僕の睾丸を越え、アヌスまで垂れてくるのだから、凄まじいペニスへの愛撫である。僕の愛撫も彼女の愛撫に比例するように激しくなっていった。ジュルジュルと音を出して、クリトリスを吸いだし、舌先でブルンブルンとバイブしてやった。

たまに、舌をオマンコにぶち込んでやり、鼻先でアヌスを刺激してやった。

すると、彼女がいきなり、僕のペニスから顔を持ち上げ禁断の言葉を発した。

「いいのぉ・・気持ちいいよぉ・・・オマンコいっちゃうよーーもっと、もっと、良介だけのオマンコにしてぇーーー。お願いぃ!良介、ちょうだい。良介のカルピス欲しいぃーー一杯だしてぇーー」と叫び出した。

僕は、美佐子のその言葉にテンション上がりまくりです。

美佐子はさっき以上に、口を強く上下に振ってペニスを飲み込んでいます。

僕も、ペニスの奥がムズムズしてきてザーメンの発射段階に入りました。

この気持ち良さを美佐子に伝えたいと、彼女のオマンコから口を離し、僕も禁断の言葉を美佐子にぶつけました。

「僕もいきそうだよ!美佐子のオマンコを口で犯しながらいくんだよーー!美佐子のオマンコは僕だけのものだよ!誰にも渡さない!だから、僕のチンボだけを愛してくれよ!!」と叫んでしまった。

二人の69の姿は鬼畜そのものである。

お互いの性器を必死に舐め合い、唾液でヌルヌルになりながら快楽をむさぼり合う。

もう、僕も美佐子も我慢の限界を遥かに越えた状態だった。

美佐子のかすれた声で「いっしょにイキたい・・・イッてぇ・・・」と聞こえた瞬間、彼女の体がビクンとして痙攣し始めた。実際にオマンコが本当にヒクヒクしてるんです。

僕も同時に我慢していたザーメンを爆発させたい気分になった。

「オーー!」と言う声と一緒に美佐子の口の中に放出した。

それは、美佐子の喉奥にぶち当てたような感覚でした。

美佐子は、意識がもうろうとする中、一滴も垂らさず飲んでくれました。もう出ないのに、チュウチュウと僕のペニスを吸っています。

「もう、出ないよ。」と僕が言うと、彼女は「もっと、欲しいよーー」と甘えた目で言います。

とても可愛い女です。

僕は、彼女のクリトリスに軽くキスをしてあげました。すると、彼女は、またビクンと体を硬直させ、「あッ」と小さな声を上げます。僕も彼女も、クスッっと小さく笑ってしまった。

僕は、体を起こし彼女と向き合い顔を近づけ、ディープキスをしました。

さっきまで、お互いの性器を舐め合った唇と舌を舐め合いました。なんだか、ベタベタしてヤらしい行為の後を実感したのでした。僕は美佐子の目を見つめ、「もう少し待ってな。そしたら、今度は、美佐子のヤらしいオマンコにぶち込んでやるから。」と言ってやった。

美佐子は、頷いて、「こんなに感じたの初めて・・・それに私、男の人のカルピスを飲んだの初めてなの・・・一緒にイケて嬉しかった・・・」と言い、またディープキスをせがんできました。

その後、二人でバスルームに向かい、ヌルヌルの体を洗い合い、ボディーソープを全身に付け、体を密着させて擦って遊んでいました。

その刺激で、僕のペニスが早くも目覚めたのには驚きです。

30代後半からこんなこと無かったのになと思いながら、自然と照れ笑いしてしまいました。

美佐子は、驚きと嬉しさでしょうか、僕の泡だらけのペニスを太ももに挟み、ツルツルと遊んでいます。

その間、僕の目を見つめています、彼女の目は既に、いっちゃってます。

僕達は急いで、石鹸を流しバスルームから出てきました。

バスルームのドアを閉めると、美佐子を抱きかかえ、ベッドに直行です。

「これから、また、たっぷり虐めてやるからな!」と言い、ベッドに押し倒しました。

美佐子は、「きゃッ!」と言う小さな悲鳴と裏腹に
興味深々の目で僕の顔を見上げます

演技でしょうか、少し怯えた目をしています。

僕は、過去の過激メール交換で美佐子の趣味を知っています。

それは、SMチックにレイプされる事を願望していました。僕も満更ではありません。

早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。

彼女は、「すごくイヤラシイ〜パンティ・・・」とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。

「す・凄くイヤラシイ姿だね。」

僕は、思わず美佐子に言葉を投げ捨てました。

小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。

美佐子は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。目がうつろに僕を見つめています。

次に僕は、同じくアダルト通販で買ったビンデージテープを取り出すと、熟女を犯す獣と化し美佐子に襲い掛かった。

美佐子は、「いやぁ〜!」と言いながら後ずさりし、ベッドの隅に追いやった。

僕は、彼女をベッドの中央に引きずり戻し、馬乗りになり、左右の手首と足首をボンデージテープで固定した。

その格好は、M字開脚の状態になり、小さなTバックパンティが食い込んだ、美佐子の恥ずかしいあそこが丸見えである。

美佐子は、哀願するように叫んだ、「いやぁーー!許してぇーー!」。

結構、美佐子の演技は芯に迫っている。

ちょっと、うるさい叫び声である。これが、ラブホテルでなければ、僕は逮捕されているこもしれない。

僕は、慌てて、ホテルのタオルで美佐子に猿轡をして黙らせた。

「うぐーーッ・・・ウウウーー」

声にならない呻き声が聞こえてきた。

美佐子の目は大きく見開き、僕を睨んでいる。迫真の演技である。僕も負けてはいられない。

「奥さんよー、いつも旦那に抱かれてんだろう?俺と、一回くらいオマンコさせてもいいじゃねーかよーー」

「奥さんも、たまには違う男に可愛がられてみたいだろう?」と、昔のポルノ男優のような二流の演技で美佐子に迫った。

美佐子は、叫ぶことも、身体を隠すこともできずに、顔を背けていた。

「奥さん・・イヤラシイ格好だぜ!こんな格好をいつも旦那に見せてるのかよぉ?」と僕は、美佐子を罵り、形の良い乳房を掴み強く揉んだ。

美佐子は、タオルの奥で「うぐッ!」と声を漏らし、目を硬く閉じていた。

「嫌だと言いながら、奥さんもスケベじゃねーかよ!乳首が硬くなってきたぜ。」

僕は、片手で乳房を揉みながら、乳首に吸いつき、舐めまわした。

その間、美佐子は声にならないうめき声を発した。

「もう、いい加減観念しろよ!奥さん・・」

それでも美佐子は、目を硬く閉じたままだ。

「それじゃ、もっと奥さんの感じる所を、
舐めてやろうかなぁー」

と言い、食い込んだパンティに指を持っていった

僕は、パンティのラインに指を軽く、這わせ食い込みを確認した。

美佐子は、下半身を震わせている。

それは、恐怖心なのか、それとも、今までの妄想が現実となる欲望の波が打ち寄せて来ているのか?

もう、そんな事はどうでも良い。僕は、完全に今の状況に飲まれて理性も何も無くなった状態だった。

指を、パンティの食い込んだ割れ目に沿って上下した。

クリトリスの部分にを爪で軽く引っかき刺激した。そして、徐々に中指を下にずらし、強くねじ入れた。

「うぐぐーッ」と、こもった声と同時に腰が跳ね起き、身体が弓の字になった。

僕は、この時にSを感じた。女を虐める悦びが僕の下半身を伝わった。

僕は、美佐子のオマンコの中に中指をグリグリとねじ込んだ。パンティの布が一緒に、肉びらに埋もれて行く状況がよく見えた。

段々、美佐子が履いているパンティの布が湿ってきた。

「奥さん・・気持ち良いんだねぇ
奥さんのオマンコからスケベ汁が溢れてきてるぜ。」

と言うと、一旦、指を抜いてみた

そこはには、指だけが抜かれ
パンティの布はまだ、埋没している状態である

まるで、オマンコにできた
小さくエロいトンネルの様で
淫獣熟女の恥穴にまた挿入したくなった

-50代人妻熟女, 人妻オナニー, 出会い系, 痴女, 美熟女

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.