人妻オナニー 絶頂 近親相姦

【母子旅行】大学生の息子にGスポット責めされて潮吹きして中イキするお母さん

投稿日:

失神しそうな程の痛みを感じながら
産んだ息子もあっという間に20歳

この前までは赤ちゃんだったのに
もう立派な男性になって

世のお母さんなら一度はこの感覚を
感じた事があるはずだと思います

母親にとって息子の成長って
嬉しいような
ちょっぴり寂しいようなものなんです

そして成人を迎える息子に
ちょっと早いバースディプレゼントで
私の軽自動車を
乗れるようにしてあげました

8年前に夫は離婚して
ずっと母子家庭で二人だった私達

息子は昨年春に
希望の大学に合格しました

高校3年の時は心を鬼にして
朝早く起こし学校で勉強させ
帰りは予備校で帰宅は10時

本人も

「受験勉強は辛かった」

と言っていました

私は激情家で
つい興奮してヒステリックになってしまい
息子の顔に何度手を出し
ビンタした事でしょう

後で後悔し
息子をハグして謝っておりました

ある時さすがの息子も
キレてずっと口を聞かなかったのです

「もう、ごめんなさいって
言ってるでしょう
機嫌直して。どうしたらいいの?」

そしたら

「じゃあ」

と触らせてくれと言うんです

驚きましたけど

思春期になると母親の身体とはいえ
性に興味を持つ事もあると
ママ向け雑誌のコラムで書いてあったような

「おっぱいじゃ、だめ?
しかたないわね。」

5分ぐらいスカートの中に
手を入れさせてあげました

パンティの上からですけど
電撃が走りました

もう何年SEXなんて
してなかったからでしょう

結婚も男も
もうこりごりって気分でしたし
仕事も立ち仕事で毎日疲れてたし
性交渉から無縁になってました

なし崩しに時々

「お願い」

って言われて応えてあげたけど
息子も必死に我慢してたし

「ごめん。こんな事しちゃだめだよね」

と私が自制するような事をいったり
でも、息子に触れるようになって
つい私も忘れていた女の部分が出てきて

「いいから、今は何も考えないで
あくまで貴方が
集中出来るならなんだってして上げる」

と言いながら私も
ちょっぴり楽しんでいたり

大学に受かると息子は
一時期して来なくなってたけど、ある夜再開

家でふと一息つくと
息子の指先で撫でられた感触を思い出し

自分でクリトリスを弄り
おもわず声が出そうになったり
オナニーに夢中になっていました

お正月に、免許をとった息子の
運転の練習を兼ねて2泊3日の旅行に行くことに

単に実家に帰るだけなんですけどね

せっかくだから嫌がる息子を説得し
近くの温泉で一泊する母子旅行にしました

高速は使わず、下道で
ゆっくり行きましょうと走り出したんです

普段もちょくちょく乗っていた息子ですが
私は助手席で気が気じゃありません

「ほら、危ない。だめよ、もう赤よ!」

「煩いなあ。
母さんの声のほうがよっぽど危ないよ」

思ったより混んでなく
割と順調だったけど気疲れした私

実家ではもうすぐ寝ちゃった

翌日は温泉に向かいました

きれいな景色の中
風が気持ちよいドライブでした

食事した後

「もうちょっと休みたい」

と車の中で一休み

ふと息子の手が私のスカートの中に

「あ、ごめん、ちらちら見えるもんだから」

ミニスカートではないですけど
座ると生脚が
半分くらい出ちゃうんですよね

「いいの
私も(刺激しないよう)考えなきゃね」

息子は2、3分で終わりましたけど
あっという間に下着に
滲んだ私

濡れているって気づかれたかしら

そしてその一時間ぐらいの
ドライブの間に私は考え込んでいました

宿は大きなホテルで部屋はツインベッド

先に息子を部屋に行かせ
中のコンビニみたいな店で
コンドームを買った私

息子をベッドに誘い抱きしめました

「どうしたの?」

「お母さんだって女なの、だから」

「わかった。もうしない、ごめん」

「ううん、いいのよ。しても
してもいい・・いいえ、してほしい
でも、気持ちをちゃんと
しないとダメよ
割り切るのよ
SEXする時はただの男と女よ」

私は力を抜きました
やがて裸にされ息子の手が身体中を這い回る。

やがて私の脚を開き
息子はオマンコを観察しはじめました

指を挿入し、拡げます

「凄い。いっぱい垂れてる
おしっこ、漏らしてるの?」

「違うわよ」

私は息子も裸になるように言いました。

勃起していたペニスは
私が触るとまたグンと上を向きました

コンドームをつけてあげると

「じゃあ、来て」

早く近親相姦しちゃって
楽になりたい

そんなHな気分でした

痛い

久しぶりだもんね

でも痛みが心地よさに
変わるのはあっと言う間でした

「あ、入ってる。入ってるのね
あなたのおちんちん」

「なんか夢みたいだ
ほんとに母さんとセックスしてるなんて」

食事を終えお風呂に入ると
息子は疲れがどっと出たようで
私に抱きつき愛し合う恋人同士のように
寝てしまいました

私もうとうとしてはっと気がつくと
裸にされ、弄られていました

そして2度、私の中で果てた息子

帰りはけっこう混みました

名所を見て昼から7時間近くかかったのです

渋滞すると弄ってくる息子

もう下着は穿いてなく
ノーパンでした

家に着くと即挿入で
近親相姦SEX

2、3日ひりひりして痛かった

でも痛みは疼きに変わり
息子とまた激しく睦み合う

そんな事の繰り返し

次第に息子は私の
反応を楽しむようになりました

「母さんって、よくわかんないけど
イってるの?」

「よくわからないわ
イってんのかしら」

ペニスでむちゃくちゃ突かれてる時
意識が遠くなるような感じがありますけど

息子は

「ここがお母さんのGスポットだよね」

と指を突き上げます

「噴かないね。やり方悪いのかな」

どっちかって言うと精神な
高揚感が激しくてよくわからないのが本当のところ

「ほらぁ」

息子が買ってきた電動マッサージ器

「あー最低。バカ!」

逃げまわる私を押さえつけました

直接電マで押し付けられ

「ちょっと、痛い」

でも、クリトリスを軽く
電マでつんつんされるといい感じです

あくる日息子は
ローションを買ってきました

「どう?」

「うん、痛くない」

クリトリスごと膣の入り口に
押し付けられ、子宮まで震える感じ

「ああ、だめえ!」

クリトリスに当てられ
指を突き上げられ
生まれて初めて噴出してしまいました

その後、息子は激しくペニスで貫きます。

一回り大きくなったような
気がする息子のペニス

息子は中腰で私は身体を反らす体位

これが凄く気持ちいい

「いやあ。子宮が壊れちゃう
変、変なの・・だめえ!」

私は意識が遠のき
全身で痙攣して中イキしたんです

明確にイったと感じた瞬間
私達は親子ではなく
愛し合う年の差カップルになっていました

息子のオチンチンで中イキを
覚えてしまうなんて

こんな快感を知ってしまったら
もう息子から離れられません

-人妻オナニー, 絶頂, 近親相姦

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.