夫婦SEX 痴女 絶頂 調教SM

絶頂するとオシッコをする妻のエロ画像をネットに流出させる

投稿日:2017年1月26日 更新日:

調教のせいかなのか
最近著しく妻がエロくなってきたんです

妻は明らかにM女で
縛りプレイや目隠しのソフトSMで
夫婦SEXするとガチイキし過ぎて
オシッコを漏らすんです

そして、最近、妻の方から
とあるエロエロな提案されたんです

「見られたい!」

男性経験も私以外ほとんどない
ウブで清純だった妻が
今ではこんな痴女人妻に成長してくれたとは
驚きとともにかなり嬉しく思いました

というのは、実は、妻には内緒だが
私にはネット投稿の趣味があって
妻に無断で妻の無修正エロ画像を投稿していた

もう結婚する前からだから
結構な期間になります

私は妻がみられることに
とても興奮するたちなのです

妻が、どういう意図で「見られたい」
といったかはわかりませんが
こんなチャンスはない、と思って私は
すぐに行動することにしました

「それじゃ、インターネットに投稿しちゃう?」

私は思い切って妻に言いました

Hの最中でしたが、妻はかなり驚き、

「え、え、え、無理だよ」

と言いました

ただ、お酒と快感で思考能力が
低下しているので、強く拒むことはしません

「よし!いける!!」

そう思った私は、デジカメを持ってきて
妻をハメ撮り撮影

妻は「やだよ」と言いながら
一生懸命顔を隠していました

それから、いったんHをやめて
二人でインターネットのアダルト掲示板を眺め
どこに投稿するか決めました

SEXを中断して少し冷静になった妻は終始

「やだ、やだ怖い
ネットに投稿なんてやめよう」

とお願いしてきましたが、私は

「大丈夫、大丈夫」

といって、どんどん進んで行きました

最終的には、「オマンコ妻のヌレヌレ投稿掲示板」

という投稿サイトに

「ドM妻のマンぐり返し投稿」

というスレッドをつくることにしました

投稿する画像も決め
いよいよ投稿ボタンを
押すまでのところまで進めました

「ほんとにやだやだ、怖い、やめよう!!」

妻は最後の懇願をし始めました。

私は、

「それじゃあ最後のボタンは
自分で押しな。いやなら押さなくていいよ」

と言って、妻をパソコンの前に立たせて
バックから挿入しました

妻は、マウスを持ったまま
立ちバック状態でアンアン言い始めました

ここはやっぱり「M」の性質なのか
妻はいつも異常に感じている

「すごく気持ちいい、すごい!!」

妻は、そんなことを言い始めました。

そして、つま先立ちになって
かなり尻を突き出した格好でもとめ始めました

「こりゃ押すな」

私は心の中で、確信しました。

「どうする」

タイミングを見計らって私は妻に言いました。

「みんなに見られちゃうよ」

「やだやだ」

「見られたいんでしょ」

「・・・・」

「自分のエロ画像を流出させて
色んな人に恥ずかしいところ
見られたいんでしょ!」

「みられたい、みられたいよぅ!!」

「じゃあ、押しちゃいな」

つまは、尻を突き出しつつ
震える手でマウスを操作して
「投稿」ボタンを必死でクリックしました

そして、投稿完了の表示が出た瞬間

妻は強烈につま先立ちで
尻を突き上げた格好で
今まで聞いたことがないような
雄たけびみたいな声をあげて
ガチイキして、オシッコを大量に漏らしたんです

その後、投稿されている
妻のマングリ返しの無修正エロ画面を
見ながら私は声は出しませんでしたが
笑いながら妻の中に思いっきり射精しました

投稿された画像はHの後すぐに削除して
心配する妻をなだめました

その後も妻は随分心配していましたが、

「もうやらない?」

ときくと恥ずかしそうに
「わかんない」といいました

エロサイトに裸を投稿するという異常な体験と
SEXの絶頂を同時に経験した妻は
間違いなくこれからそのアブノーマルな行為に
はまっていくと思います

自分もそうですが
こういうことって一度快感を
知ってしまうと中々抜け出せないんですよね

完全に中毒症状になって
さらなぬ刺激を求めてしまう

SEXというのはドラッグのように
中毒性があるですよね

-夫婦SEX, 痴女, 絶頂, 調教SM

Copyright© 無修正の熟女人妻エロ体験談 , 2018 AllRights Reserved.